<天野商事様 リンクルクリーム販促チラシ企画・制作>

 

ママと子どもの笑顔企画<親子で遊ぼう!@とだがわこどもランド>

amano-1.jpg

サポートイズム
リンクルクリーム 
チラシを企画・制作させていただきました。


サポートイズム リンクルクリームとは
お薬のプロである薬剤師さんと美のプロである美容部員さんが真面目に真剣に徹底的にこだわって開発した
しわ・たるみの解消に特化したクリームです。

http://www.amano-shouji.co.jp/wrinkle.htm


たるんだお肌をピンと甦らせると、
多くの60~70代の女性に絶大なる支持を受けている
クリームですが・・・

ご利用の60~70代のみなさんから
「私ももっと若いうちから使っていたら良かった!」
「このクリームにもっと早くに出会いたかった」
そんなお声が沢山あがっているとのことで・・・

既存のお客様も大切にしつつ
40~50代という新たなる顧客層へのアプローチ・・・

ということで、自営ワーママクラブにご依頼を頂きました。


↓60~70代をターゲットにした既存のチラシ↓

amano-3.jpgamano-2.jpg

とっても詳しく成分や効果などが書かれていて
真面目に誠実に作られた商品なのだとひしひしと感じるチラシです。

そして店頭ポップ。

amano-4.jpg

このポップを見て、
お店に駆け込んでいらっしゃる方がいるというインパクト大のポップです。


PR効果をあげている既存のチラシ・ポップの良さをそのままに
60~70代のお客様を大切にしつつ
40代~50代の若い世代に
興味を持ってもらう格好良さや小綺麗さはいらない

難しいリクエストでした。

***

企画前のリサーチの一環として
実際に販売されている薬局さまにヒヤリングをさせて頂きました。

amano-5.jpg

実際にどんな方が買っていかれるのか?
どんなお声がけをされているのか?
どんな販促物が必要だと思われるか?

お店で販売されている方からのご意見をたくさん伺いました。
amano-6.jpg


このクリームの開発者の一人でもいらっしゃる
石崎淳子先生の化粧品勉強会にも参加させて頂き、
お肌のこと、成分のこと、ケアのこと、
色々勉強させて頂きました。

amano-7.jpg


その中でひとつ、かなりの衝撃情報が・・・

「若い頃お肌で悩んでいない人は要注意!
40代になってもろくなケアをしていない人が多いわ。」

「そして健康で元気な人も要注意!!
そういう人は外に出ることも多いでしょ、
それで紫外線を浴びる量がとても多いのよ。」

「そんな人のお肌は強制老化で
40代でも60代の肌の人がたくさんいるのよ」

ろくにケアもしないで紫外線をたくさん浴びると
一般の年齢による老化とは別に強制的に老化が進むということがあるそう。

それを「強制老化」と呼ぶとのこと。

これは当てはまる人がたくさんいるのではないか?!

という仮説を検証すべく
自営ワーママクラブ会員を中心にのべ100名ほどヒヤリングしました。

するとやはり・・・
私自身同様、多くの方が「え!!それって私のことだ!」と。
かなりの数の40代女性に反応がありました。

***

そうして完成したのが、こちらのチラシです。

マーケティングアドバイザーとして
関西学院大学 准教授 理央周先生の監修のもと
自営ワーママクラブの女性の意見と感覚を沢山盛り込んで完成しました。

amano-8.jpg


表面は現状のポップのイメージをそのままに45歳をメインターゲットにすえた打出し。
裏面には気をつけたいケアのポイントを読みやすく掲載。

amano-9.jpg

中面は雑誌の美容記事をイメージにちょっとした読み物と
店頭でのヒヤリング内容からのお客様の声を掲載。


 

格好良さを追求したチラシではありません。

薬局さんでお客様に気軽に手に取って頂けるもの。
そんなお客様と店頭の販売員さんの会話がはずむキッカケになるもの。
そして持ち帰ったお客様がお家に帰って読んで読んでいただく。


そんなものが出来たのではないかとおもいます。

ヒヤリングにご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
お肌の勉強会への参加も快く承諾頂いた天野商事さまありがとうございました。
現場からのご意見など、最後までお付き合い頂いた岩田本部長、ありがとうございました。

こちらのチラシ、10月1日リリース
この秋冬で6万人の手に渡る予定です。

成果をあげますように・・・

結果を追っていけたらとおもいます。



2015年1月 20%以上の売上アップを計上し、同チラシ6万部を追加発注いただきました。
このチラシを機に今まで売れずあきらめていたという薬局さまも
「新しいチラシで、もう一度頑張ってみる!」と奮起されているそうです。

このお仕事させていただいた私達にとって何より嬉しいお話です。