マーケティング アイズ株式会社 代表取締役
関西学院大学 准教授 理央周先生の
マーケティング白熱教室【ビジネスモデルの作り方】

 

「今より更に売上・利益をあげたい方」
「ビジネスとして安定した売上・利益を継続的にあげたい方」
「これからの事業で次のステップをお考えの方」

自分の事業においてのビジネスモデルを作り、実践すること。
参加型セミナー【マーケティング白熱教室】で自然に売れる仕組みを構築
更なる収益アップにはじめの一歩を踏み出しましょう!

2014年10月15日(水)





141015-8.jpg141015-7.jpg141015-6.jpg141015-5.jpg141015-4.jpg141015-3.jpg141015-2.jpg






141015-9.jpg

日 時

■  2014年10月15日(水)

マーケティング白熱教室【ビジネスモデルの作り方】
9:45 開場 ※時間厳守でお願いします!
10:00~12:00 (2時間)
クラブ会員さま 8,000 円  ビジターさま 12,000 円 <限定 15名>
※ワーママ6期会員にご入会頂いた方は会員価格にてご参加頂けます。
ご入会お申込みはコチラ⇒http://wa-mama.com/recruit

<お昼> ランチ座談会
12:00~13:30
中国料理 シルクロードのお弁当♪ 500円
シルクロード様 HP ⇒ http://r.gnavi.co.jp/silkroad/

会 場

 <午前>ビーエスコート 会議室3
住所:名古屋市中区千代田4ー23ー2 第五富士ビル3階

beescort2.jpg
beescort.jpg

締切り

 10月8日(水)23:59 
※受付は先着順です。尚、募集人数が予定数に達した場合は募集を締切らせて頂く場合がございますのであらかじめご了承ください。

持ち物

筆記用具・名刺

講  師

理央 周(めぐる) 本名:児玉洋典
マーケティング アイズ株式会社 代表取締役
関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 准教授

rio.jpg

■プロフィール
静岡大学人文学部経済学科卒。フィリップモリスなどを経て、インディアナ大学経営大学院にて を取得。
アマゾンジャパン株式会社、マスターカードなどで、マーケティング・マネージャーを歴任。
2010年に起業し、マーケティング アイズを設立。翌年法人化。
収益を好転させるマーケティングに特化した企業向けコンサルティングと、
従業員をお客様目線に変える社員研修、経営講座を提供。
著書に「テレビショッピングはなぜ、値段を最後に言うのか?」(ダイヤモンド社)等多数。
「タケシのニッポンのミカタ」(テレビ東京)、ZIP FM(準レギュラー)、朝日新聞、日経MJ、中日新聞、
プレジデント、日経ビジネスアソシエなど、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの出演も多数。
講演実績:日本経済新聞社、ダイヤモンド社、各地商工会議所、ロータリークラブ、倫理法人会など多数

【HP】 http://www.businessjin.com/
【ブログ】 http://ameblo.jp/businessjin/
【メルマガ】http://www.businessjin.com/mail-entry/
【著作】http://www.businessjin.com/store/

内  容

マーケティング アイズ株式会社 代表取締役
関西学院大学 准教授 理央周先生の
マーケティング白熱教室【ビジネスモデルの作り方】

お客様のニーズが多様化し、ますます競争も激しくなっています。
独自の強みを生かした商品・サービスを開発することはとても大切です。
しかし、せっかく社会やお客様に素晴らしい価値を提供できる
商品やサービスを持っていても、それだけでは 十分ではありません。

あなたの商品やサービスの価値がわかる顧客層を絞り込むことが重要になります。
あなたの「何を」「誰に」買ってもらうかを徹底的に明確にしたうえで
「どうやって」買ってもらうかを考えます。
この3つの戦略のセットができてはじめて「自然に売れる仕組み」が構築されます。

この儲かる仕組み=ビジネス・ モデルができてなくては、
安定的な売上と継続的な利益を生み出すことはできません。

今回はビジネス・モデルをしっかりと勉強したうえで、
いくつかの企業の成功事例を紹介します。
そしてセミナーの参加者の皆様がご自身の事業にいかに取り入れていくかを、
講師独自のワークシートを活用するワークショップ形式で
徹底的にご自身に 落とし込んでいただきます。

ぜひこの機会に本セミナーに参加し、新しいビジネス・モデルを構築してください。

<プログラム内容>

1.「売れる仕組みを創るには」~マーケティングの基礎知識
「何を」=自社プロダクトの独自性を明確にする
「誰に」=自社プロダクトに共感し買ってくれるお客様を明確にする
「どうやって」=お客様に響く表現と、見てくれる媒体を明確にする

2.ビジネス・モデル
・ビジネス・モデルの定義~あいまいな思考からの脱却
・日本と海外の大企業の事例~ レーザーブレード、フリーミアム、ブルーオーシャン(スマ
ートフォンとひつまぶしなど)
・中小企業がフレームワークを取り入れる時に考えるべきポイント

3.成功企業の事例
・自転車小売業の季節性を活かした共同購入の仕組み
・建築会社の新規顧客獲得のためのビジネス・モデル

4.ワークショップ
・自社独自の顧客価値(=USP)を見つけるワークショップ ※事前宿題ワーク
・ビジネス・モデルの構築ワークショップ ※当日セミナー内ワーク

 

2013年2月4日(月) 10:00~13:30(210分)