イメージ戦略コンサルタント余語まりあ先生の
<選ばれる仕事が出来るオンナになるために・・・成功力アップ講座>

 

イメージ戦略コンサルタント余語まりあ先生の
<選ばれる仕事が出来るオンナになるために…成功力アップ講座>


仕事の依頼はどうやってくるのでしょう?
依頼主はあなたの何を見ているのだと思いますか?
選ばれる人材になるために必要なスキル、基本的な思考の方向性から突発的な出来事への対応など、
ケーススタディやワークも織り交ぜて、戦略的に仕事を呼び込む方法を学びます。
より多くの仕事依頼を呼び込む!あなたの成功力をアップさせます。
もっと仕事の幅を広げたい方・新しい活動をしたい方・ビジネスをしたい方
ぜひご参加下さい!

日 時

■ 2014年1月20日(月)
<午前>選ばれる仕事が出来るオンナになるために…成功力アップ講座
10:00~12:00 (2時間)

<お昼>ランチ座談会
12:00〜13:30

<午後> 個人カウンセリング(40分)
13:30~14:10、14:15~14:55、 15:00~15:40、 15:45~16:25、 16:30~17:10
※受付は各時間の5分前です。

会 場

ビーエスコート 会議室3
住所:名古屋市中区千代田4ー23ー2 第五富士ビル3階
beescort2.jpg
beescort.jpg

参 加 費

<午前> クラブ会員さま 4,000円  ビジターさま 6,000円 <限定 20名>

<お昼> ヘルシーで美味しい「あゆ弁」のお弁当♪ 500円
ayuben.jpg
※写真は2013年ワーママ新年交流会の時のあゆ弁です。
今回のメニューとは異なります。

<午後> 個人カウンセリング  クラブ会員さま8,000円  ビジターさま 10,000円 <限定5名>

締切り

 1月8日(水)23:59 
※受付は先着順です。尚、募集人数が予定数に達した場合は募集を締切らせて頂く場合がございますのであらかじめご了承ください。

持ち物

筆記用具・名刺

講  師

イメージ戦略プロデューサー/株式会社ワイズエフェクト代表取締役
余語まりあ(よごまりあ)先生
 yogomaria.jpg
■プロフィール
日本大学卒業後、株式会社「サンリオ」人事部に勤務。採用、研修を担当後、商品仕入れコントロールの仕事を経て、居住地を名古屋に移す。
そこで同社出版営業に携わる。その後出産を機に退職し専業主婦時代にマナー、ファッション、美容などの資格を取り、
東海テレビ「講師養成講座」を機に本格的に講師業スタート。
講演、研修業をメインにブランディングコンサルティングも実施。
2011年5月「仕事ができる’キラリーマン!’」、2013年11月「11人のシンデレラ」を出版。
2013年11月1日、ワイズエフェクトを株式会社として法人化。企業イメージプロデュース、ブランディングから人材育成まで、
幅広い事業展開で東京・名古屋にて活躍中。

■主な活動履歴
官公庁はじめ、企業様での講演、研修活動。
また個人様には目的を叶えるブランディング戦略をコンサルティング。
日本テレビ「魔女たちの22時」TBS「はなまるマーケット」CBC「イッポウ」に出演。
女性の講師業として朝日新聞、中部経済新聞などに掲載。現在 月刊「Cheek」連載中。

<講師からのメッセージ>
皆さん、いつもお世話になっておりますイメージ戦略プロデューサーの余語まりあです。
私は企業経験後、子育てなどで約20年専業主婦でした。
48歳でスタートし現在5年経ち11月には法人化致しました。
そして恐れ多いのですがブランディングの成果とスピードを評価していただくことが多いです。
まだまだ成功しているとは言い切れませんが、ほとんど他で話すことがないちょっとシビアな私の成功するために意識してきたこと、
心の中をお見せすることで皆さんのお仕事に何かしらお役に立てれば有難いです。
宜しくお願い致します。

内  容 女性として選ばれる人材になるために!
そして成功するためには 大きく分けて3つのスキルが必要になります。

①仕事がデキて面倒くさいオンナにならないこと!
②常に目標値をクリアするためのマインドを持つこと
③女性らしい仕事スタイルを身につけること!

一つひとつを少し詳細にお伝え致しますと

①仕事はやはり女性同士より男性とすることでより大きな仕事になる場合が多いです。
でも今までの女性の在り方で男性は「女性は面倒くさい」と思われているケースが多いです。
その理由が

A:感情優先的なためにコミュニケーションが面倒くさい
B:夢とビジョンをはき違えている為、現実的に落とし込めず面倒くさい
C:かまってちゃんで面倒くさい この声をよく聞きます。

A:例えば少しでも仕事においてダメ出しをすると拗ねてしまって感情をなだめる時間がかかり
本来進めなければいけない話になかなか突入できない、
感情は置いといて目的に対して どのように考えるかが出来ない。

B:夢を大きく掲げるのは必要だけどそれに対する具体案、逆算してものを考えることが できず
言っていることの具体案が提示できずコロコロ話も変わり仕事を頼むのには面倒くさい

C:仕事においては男女もないし、必要以上に構うこともないのに、
比較論で行く女性は 他の女性と仕事で絡むことに嫉妬したり
囲いこもうとして縄張り意識を持たれることを 調整するのが面倒くさい、
私と〇○さんとどちらがいいのですか?みたいな感覚でモノを話されると 面倒くさい

②常に向上し成長したいと思うにはいつも自分が成長出来る環境に敏感になり ステージを変えて行くことが必要です。
その為にどのように自分のステージを上げて行き、関わって下さった方々にどのような意識で 接し、
いわゆる人脈を作って行くか、そしてそのためにブレない自分になるための マインドの持ち方をお伝えします。
名刺を先日リスト化しましたら、その名刺を見ると自分の関わった人の変化を感じました。
なぜそのようにステージを変えて来られたか?
不安になる自分にどのように立ち向かうか キーワードは変わらないけどニーズをキャッチしビジネスモデルを
常に考えている思考を身につけるなど・・・発想の磨き方など私のマインド面についてお伝えします。

③女性らしい仕事styleとは?
今や女性が個人で仕事をする人たちが増えて来ております。
女性には女性にしかできない仕事styleがあるはずです。
それはかつてのようなウーマンリブのような見ても強い、男性に対抗するような 仕事styleではありません。
女性ならではの視点と共感力とそしてコミュニケーション力を生かした 仕事styleです。
そして特にママを経験した人が身につけられる仕事styleは母性を活かしたものです。
男性はある意味いつも母性を求めています。
面倒くさいオンナは嫌ですが母性を感じる女性とは仕事をしやすいと思っております。
仕事で母性を活かす、でもこちらが甘えることではない!
そして女性ならではの感性と心配りを活かし男性は気づかないビジネスモデルや発想に
お金を払う時代になると思います。

そのことを事例を踏まえてお話させて頂きます。 

 

2013年2月4日(月) 10:00~13:30(210分)