【ヒサキヨウコさん:クリエイター】造形は子どもに「生きる力」を与える。

ヒサキヨウコさんメイン

「私、ケチだから」

わっはっは!と大きな声で笑う姿は、まるで肝っ玉かあさん(失礼)。
「だから、自分自身が行きたいと思える教室しかやらないの」

ママ&キッズ向けの自宅造形あそび教室は、材料費込みで1回約2,000円。
季節やヒラメキで毎月変わる内容は、大人でもワクワクするようなものばかりだ。
「家では『ダメ!』って言われることでも、ここでは目一杯やって欲しい」

写真 2013-12-06 11 59 25 写真 2013-12-06 11 59 51

かつては各地で個展を開催するクリエイターとして活躍していたヒサキさん。
子どもが生まれて、創作活動の時間が失われることに強いストレスを感じていたという。
「そういう母親目線もあって、園児クラスのお母さんには40分間退室して好きに時間をつぶしてもらってる」
えぇっ!とビックリするような発想だ。
「泣く子もいるよ。でも『さぁ、お母さんを喜ばせよう!』って言うと、子どもたちは途端に目を輝かせる」
子どもにとって母親の笑顔は何よりの原動力となり、想像力の開花にもつながるのだとか。
「あと、製作中のお子さんの写真を撮って、後からダウンロードできるサービスもしてる。これには各クラスに合わせた意図もあるんだけど、ただ単純に喜んでもらいたくって」

こんな風に、彼女の教室には母親ならではのアイディアと仕掛けがつまっている。
「ちなみに、私も同志を集めてハンドメイド部を立ち上げて創作活動してるよ。家も掃除しようと思えて一石二鳥、がはは」

造形あそびについてヒサキさんは言う。
「身の回りにある材料でも、違った視点で見ることで新たな世界が見えてくる。違う方法を見いだすことが身に付けば、人生で壁にぶつかっても自分で考えて行動できる子になると思う」

この人なら任せられる!
さっそく教室のスケジュールをチェックする私でした。

(はちがゆか)

ヒサキさん

(プロフィール)
自営ワーママクラブ 第2期会員
1976年 愛知県日進市生まれ

◆主な経歴
1999年(23歳)日本デザイナー芸術学院グラフィックデザイン科卒業
2000年(24歳)上京し、フードサービス業界のディスプレイ業としてデザイン、POPなどを手がける
2003年〜(27歳)愛知へ戻り、クリエーターとして雑貨、アクセサリー、イラスト等を制作。名古屋・東京・神戸での個展開催や講師として活躍
2009年(33歳)男児を出産し、創作活動と教室オープンについて模索をはじめる
2012年(36歳)自宅にて【∞ 71works ∞造形あそび教室】をオープン
現在、KIDSクラス、KINDER(園児)クラス、MAMAクラス、MAMA&BABYクラスを開講し、出張やイベントにも対応している。

◆∞ 71works ∞ブログ http://blog.71works.boo.jp/

wa-mama_140  「久木さんとお仕事をしてみたい!」という方、お気軽にお問合せください。
フォームからのお問い合わせ  http://wa-mama.com/contact
メールからのお問い合わせ      info@wa-mama.com
※24時間いつでもお待ちしております!